週末はハレのお皿で(2021.02.13 Sat.)

琺瑯のお皿にチーズ友人を招いたときなどいつもと違うときに使う食器たち。残念ながら、ずっと出番がない。そんな食器を順繰りに週末に使うようにしている。平日とちょっと違う食卓。同じものを並べてもぐっと見た目がよくなり気分も上がる。今日は、ギャラリーYDSさんでお出会いがあった大山求さんの琺瑯皿にフロマージュデュミテスさんで購入したチーズ2種(クードサヴォアとブリアサヴァランアフィネ)を。Patisserie Les moineauxさんの柚子のコンフィチュール、ミント(友人のお庭より)そしてクルミを添える。

Patisserie Les moineauxさんは昨年、ミテスさんへ伺う途中に偶然見つけたお店。スィーツに愛がない私が、佇まいに惹かれて暖簾をくぐった。フランス好きの友人に贈るお菓子を何か見繕おうと思い立ったのだ。そのときに自家用に買った季節のコンフィチュールも美味しくて、また何か季節のものが出ているかしらと再訪。今日は、コンフェチュールの他に、時節柄のショコラと、思い切って「和栗のモンブラン」というこれまた季節限定のケーキもいただいて帰る。やぎと食後に半分つつ。愛がない私にも、こちらのケーキは感動的に美味でした。ご店主もとてもチャーミングな方で、お買い物をしながらあれこれとお話をするのも楽しい。それにしても私ったら不得意分野でも鼻が利いちゃって、ぐんぐんとその鼻が「高く」なっております(笑)